まんのう町立琴南中学校
 WELCOME まんのう町立琴南中学校
   自分の考えを持ち、より良く行動できる生徒になろう   小さくてもできる 小さいからできる琴南ブランドを創造しよう
 

                  校訓  「 英知 ・ 品性 ・ 活力 」

 
 
 
 
 
〒766-0202 香川県仲多度郡まんのう町中通838          お問合せ kotonami-j@kotonami-j.edu.town.manno.kagawa.jp
                        TEL 0877-85-2104                     旧HPへのアクセス     Netcommonsマニュアルサイト
                        FAX 0877-85-2105 
   ★    このサイトは,まんのう町立琴南中学校が管理・運営しています。 このサイトに掲載されている一切の記事,写真・画像の無断複製転載を禁じます(学校長)
 

eライブラリーで家庭学習

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人

平成26年度 学校経営構想

平成26年度琴南中学校の学校経営について

1 校訓 

「英知 ・ 品性 ・ 活力」

 

2 教育目標

自立心を育てる ~互いに支え合い 高め合える生徒の育成~

 

※「自立心」

生きていく上での困難や課題を、自分の判断や行動(努力)によって克服(解決)しようとする気持ち

※「互いに支え合い 高め合える生徒

○ 他者を思いやったり助け合ったりして、互いに支え合うことができる(ケアする力)

○ 他者の話をよく聴き、自分の考えを深めることができる(聴く力)

○ 互いの思いを伝えあったり疑問を訊ね合ったりして、共に追求することができる

(コミュニケーション力)

○ 筋道を立てて考え、納得するまで追求しようとする(問題解決力)

 

3 本年度の教育活動を行うにあたっての基本方針

(1)「ケアリング」の徹底

○ 全教職員が生徒一人ひとりの内面(心)の理解に努め、生徒の人格を大切にしたか

かわりを深める。

(2)「学びづくり」の推進

○ 生徒一人ひとりの学びを保障する授業を行う。

(3)「校内研修」の充実

○ 授業公開と研究協議を通して教師同士の学び合いを深める。

(4)「地域連携」の推進

○ 生徒と地域の様々な人々との交流を深める。

 

◆ 授業づくりは、学校づくり⇒授業改善を通した学校教育の改善に努める

◆ より高い目標(簡単には達成できない。ちょっと無理かもと思う目標)に挑戦させる

 

4 本年度の重点事項  キーワード:「挑戦、学び合い、地域連携」

(1)基礎学力の定着と、意欲的に学ぶ学習態度の育成

○ 仲間と学び合う授業(協同的な学び)の推進

○ 教師同士が学び合う「同僚性」を高める研究協議の充実

○ 家庭学習の定着を図る工夫

(2)自尊感情を高め、豊かな心を育む指導の充実

○ 共に伸びる集団づくり(仲間づくり)の推進

  ○ 生徒の心に寄り添った支援(教師のかかわり)の充実

(3)家庭や地域と連携した教育活動の充実

○ 地域の「人・もの・こと」を生かした教育活動の充実

○ 生徒の学びを支える基本的な生活習慣の定着

 

平成25年度琴南中学校の学校経営構想

平成25年度琴南中学校の学校経営

1 校訓 

    「英知 ・ 品性 ・ 活力」

      英知・・・生活に生かすことができる優れた知性を備え,活用できる生徒

      品性・・・思いやりの心や豊かな感受性・すがすがしい態度がにじみでる生徒

      活力・・・健康な心身をもち,自ら進んで行動できる生徒

 

2 教育目標

自立心を育てる ~互いに支え合い 高め合える生徒の育成~

 

※「自立心」

生きていく上での困難や課題を,自分の判断や行動(努力)によって克服(解決)しようとする気持ち

※「互いに支え合い 高め合える生徒

○ 他者を思いやったり,助け合ったりすることができる(ケアする力)

○ 他者の話をよく聴き,自分の考えを深めることができる(聴く力)

○ 他者の話を聴いたり,自分の思いを伝えたり,疑問を訊ねたりすることができる

(コミュニケーション力)

○ 筋道を立てて考え,納得するまで追求しようとする(問題解決力)

 

3 本年度の教育活動を行うにあたっての基本方針

(1)「ケアリング」の徹底

○ 全教職員が生徒一人ひとりの内面(心)の理解に努め,生徒の人格を大切にしたか

かわりを深める。

(2)「学びづくり」の推進

○ 生徒一人ひとりの学びを保障する授業を行う。

(3)「校内研修」の充実

○ 授業公開と研究協議を通して教師同士の学び合いを深める。

(4)「地域連携」の推進

○ 生徒と地域の様々な人々との交流を深める。

 

4 本年度の重点事項

(1)基礎学力の定着と,意欲的に学ぶ学習態度の育成

○ 仲間と学び合う授業(協同的な学び)の推進

○ 教師同士が学び合う「同僚性」を高める研究協議の工夫

○ 家庭学習の充実を図る工夫

(2)自尊感情を高め,豊かな心を育む指導の充実

○ 共に伸びる集団づくり(仲間づくり)の推進

(3)家庭や地域と連携した教育活動の充実

○ 地域の「人・もの・こと」を生かした教育活動の推進

(4)不登校の未然防止・早期解消

  ○ 生徒の心に寄り添った適切な支援(かかわり)の充実

 

平成24年度学校教育目標

      平成24年度 学校教育目標
1 教育目標
               自立心を育てる
~ 豊かな心をもち 自分でよく考え すすんで行動できる生徒の育成 ~
 
2 めざす生徒像
 ○ 他者を思いやることができる生徒
 ○ 自ら学び、よく考える生徒
 ○ すすんで行動し、粘り強く取り組む生徒
 
3 めざす教師像
 ○ 人間性豊かで、信頼される教師
 ○ 指導力区向上のために、学び続ける教師
 ○ 生徒一人ひとりを大切にし、根気強くかかわる教師
 

4 学校経営の基本方針

    小規模校の特色や地域の教育資産をいかすとともに,全職員が協同して
  一人ひとりの生徒にていねいにかかわり,それぞれの良さを伸ばす教育
  活動を展開する。

(1)生徒が自分の良さを発揮し,互いに高め合う場としての学校づくりに
  努める。

(2)全職員が組織の一員であることを自覚しながらそれぞれの能力や個性
  を発揮するとともに,組織全体の力を高めることができるよう,校内研
  修の充実と各自の教育実践や研修成果の共有化を図る。

(3)職員間の連携をより一層密にし,組織の有機的な運営を図る。

(4)保護者や地域の方々から,より一層の信頼や協力が得られる学校とす
  るため,情報公開の推進と適切な評価方法の構築に努める。

 

5 本年度の重点

  教育活動全般に渡って,キャリア教育の視点に立った活動を取り入れ,
  生徒一人ひとりに自分の将来(生き方)について考えさせ,今取り組む
  必要のあることを着実に積み上げようとする意欲と実践力を育む。

(1)基礎学力の定着と,意欲的に学ぶ学習態度の育成

○ 基礎・基本の定着を図る個に応じた指導の工夫

○ 意欲的に学び,よく考える授業の推進

○ 家庭学習の充実を図る工夫

(2)自尊感情を高め,豊かな心を育む指導の充実

○ キャリア教育の視点に立った総合的な学習の時間等の工夫

○ 生徒の主体性を重視した生徒会活動や学年縦割りチーム活動等の充実

○ 源流講話や道徳の授業等を通じたよりよい生き方指導の推進

○ 個々の生徒の実態を的確に把握し,良さを伸ばす指導の推進

(3)家庭や地域と連携した教育活動の充実

○ 家庭学習を支える基本的な生活習慣の定着

○ 地域の人材や環境を生かした活動の推進

  ○ 広報活動の充実による家庭・地域への情報発信と情報共有